ツボを押してアンチエイジング

ツボ刺激

 

アンチエイジングケアのちょっとしたサポートとして、「ツボ刺激」をやってみるのもいい手です。
ツボ刺激はお金も道具も何もいらない、誰でも手軽にできる方法ですからね。

 

簡単に刺激できるアンチエイジングのお役立ちツボを、いくつかご紹介しましょう!

 

たるみが気になる人のためのおすすめツボはこれだ!

 

顔のたるみが気になる人のおすすめツボとして挙げられるのが、
フェイスラインのリフトアップに役立つ「頬車(キョウシャ)」
というツボです。

 

頬車は耳の下の「口を開けると、くぼみができるところ」にありますので、場所もとても分かりやすいですよ。
ここをぐっと指の腹で押すように刺激するのがおすすめです。

 

また、顔のたるみは頭皮のたるみから来ていることも多いので、
これを改善するためには、頭のてっぺんにある
「百会(ヒャクエ)」を刺激するのがおすすめです。

 

 

百会は、頭のてっぺんの「両耳の上端を結ぶラインの真ん中」に位置します。分かりにくければ、頭のてっぺんを何ヶ所か指の腹でぐっと押してみましょう。その中で「気持ちいい」あるいは「少し痛いけど気持ちいい」と感じるポイントがあれば、それが百会です。

 

百会のツボ刺激は頭皮の血行を促進して肌に弾力を持たせる効果が期待できますので、
これで頭皮のたるみを改善し、結果的にリフトアップにつなげようというわけです。

 

目の周りにはアンチエイジングのツボがいっぱい!

目の周りには、目の下のクマやくすみ、目の周りの小ジワなどを改善するためのツボがたくさん存在しています。

 

これらのツボを効率よく刺激するためには、

 

@「目頭から目の上を通り、こめかみまでを指の腹で軽く押しさするようにマッサージ」
A「目頭から目の下を通り、同じようにこめかみまでを指の腹で軽く押しさするようにマッサージ」
というやり方をするのがおすすめ。

 

このツボ刺激マッサージをする際は、絶対に力を入れすぎないように注意して下さいね。目元の皮膚は特に薄いので、強い力で引っ張るようなマッサージをしてしまうと、皮膚そのものが伸びきってしまう可能性があるのです。

 

両目の上下のツボ刺激をやったら、最後はこめかみを軽く指の腹で押しほぐし、その指を
B「耳の前から首筋を通り、最後は鎖骨まですべらせてから軽くもみほぐす」
という形でフィニッシュしましょう。

 

こうすればツボ刺激効果だけでなく、ちょっとしたリンパマッサージの効果も得られます。

 

寝る前など、メイクをしていない時に刺激するのがおすすめですよ。

 

通勤中でも簡単に刺激できる美肌のツボはこれ!

気軽に刺激できる美肌のツボとしておすすめなのが、
手の薬指の爪の根元にある「関衝(カンショウ)」
というツボです。

 

関衝の位置は、手の薬指の爪の付け根の「小指にやや近い側」です。この関衝のツボ刺激でどんな効果が期待できるのかというと、「女性ホルモンの分泌を活発にする」ということです。

 

女性ホルモンの分泌は、女性ならではのキメ細かく美しい肌を作るために不可欠なものですからね。

 

小さなツボなので劇的な効果が期待できるわけではないですが、
何より「いつでもどこでも簡単に刺激できる」というのが最大の利点です。

 

関衝のツボ刺激は、温めた状態でおこなうと、より高い効果が期待できますので、
「手が温かい状態の時に関衝をもみほぐす」ということを心がけるのがおすすめです。