肌老化を招く紫外線から肌を守るためのポイント

肌老化を招く紫外線から肌を守るためのポイント

 

アンチエイジングのために大切なことのひとつといえば、「紫外線から肌を守ること」です。
紫外線を浴びると活性酸素が大量発生し、肌細胞の老化につながってしまいますからね。

 

しかし、紫外線対策のやり方を間違えてしまうと、その間違いが肌に大きな負担をかけてしまうこともあります。
肌にかける負担を最小限にしながら、しっかり紫外線対策をするポイントをお話ししましょう。

 

日焼け止めに対する、間違った認識

 

紫外線対策に使えるものとして筆頭に挙げられるのが、日焼け止めですよね。ですが、この日焼け止めについては、結構いろいろと間違った認識をされていることが多いのです。

 

まず・・・
「SPFやPAの数値が高いものを選べば大丈夫」という考え方。

 

確かに、SPFやPA値が高ければ高いほど紫外線カット効果も高くなりますが、日焼け止めというのは基本的に

 

「数値が高ければ高いほど肌への負担も大きくなる」
という傾向が強いのです。

 

肌の上で変質しやすい紫外線吸収剤が使用されているものは、特に注意が必要ですね。

 

それに「日焼け止めだけで紫外線対策をする」というのも大きな間違い。
日焼け止めが表示どおりの効果が得られるためには「顔だけで、500円玉大くらいの量を使う」というくらい、
大量に使うことが必要となります。

 

この量を実際に使うとなると白残りしやすいですし、
何より、これだけの量を無理やり肌になじませようと何度も肌にすりこむこと自体が、大きな負担となってしまうのです。

 

日焼け止め自体は、SPF20から30、PA++程度を、顔に自然になじむ量だけ使えばじゅうぶんです。
紫外線吸収剤使用ではなく、紫外線散乱剤使用のものを選んで下さいね

 

そして、あとの紫外線対策はメイクに頼りましょう!

 

メイクで紫外線対策をするには

では、メイクで紫外線対策をするにはどうしたらいいかというと・・・
この答えはいたってシンプル。

 

「ファンデーションは、パウダーファンデーションまたは
練りファンデーションを使う」ということだけです。

 

パウダーファンデーションや練りファンデーションは粒子が密集しているので、SPFやPA値等の表示がないものであっても、物理的に粒子が紫外線をはね返してくれるので、日常的な紫外線対策にはじゅうぶんな効果を発揮してくれるのです。

 

「シミなどのレーザー治療をする際、肌にパウダーファンデーションが残っていると、そこだけレーザーをはね返してしまう」という事実があるほどですからね。

 

これに対してクリームファンデーションやリキッドファンデーションは粒子が密集していないので、紫外線のはね返しがあまりできないんですよ。さらに、
液状にするために使用している界面活性剤が、肌に大きな負担をかける可能性もあります。

 

パウダーファンデーションを使うと肌が乾燥しそう、と思う人も多いですが、スキンケアの段階でしっかりと保湿ができていれば、パウダーファンデーションで肌が乾燥することはありませんし、最近はパウダーファンデーション自体も保湿性を高めたものが多く出ていますよ。

関連ページ

アンチエイジングの為の生活習慣と食生活のポイント
生活習慣や食生活での見直すべきポイントがあるかどうかを分かりやすくする為チェック形式にしています。あてはまるモノがあるかどうかチェックしてこれからの生活習慣見直しに役立ててみてください。